垂水ゴルフ倶楽部の歴史について

6.垂水ゴルフ倶楽部の発展Ⅱ(1970年ごろ以降)

1970年(昭和45年)以降は、近隣住宅が多く建てられ、防球対策が逐次実施され、1968年(昭和43年)からはカートの電動化、1999年(平成11年)に倶楽部ハウスのリューアル化、2006年(平成18年)にグリーンのベント化が図られ、創設時の格式ある倶楽部の伝統を守りながらも徐々に近代的なゴルフ場へと変貌を遂げてきた。

16_2
▲創立50周年記念行事挙行(再開業20周年)
▲高松宮殿下ご来場(昭和52年10月)
▲ティーショットされる高松宮殿下(昭和52年10月)
▲倶楽部ハウスでご休憩される高松宮殿下(昭和52年10月)
▲創立60周年記念行事挙行(昭和56年9月)
▲創立60周年記念行事挙行(昭和56年9月)
▲創立60周年記念行事挙行(昭和56年9月)

また2000年(平成12年)以降の厳しいゴルフ事業環境に対応し、ここ数年は会員代表による改革検討会を立ち上げ、開業100年を見据えた更なる魅力ある、そして親しまれる倶楽部へと、改善に努めている。
そして2020年(令和2年)街中の名門ゴルフ倶楽部として、ようやく開場100周年を迎えた。

令和2年10月現在の会員数は1840名。

▲明石海峡大橋完成間もないころの垂水ゴルフ倶楽部全景
▲開場100周年記念名盤
▲100周年記念式典
▲開場100周年記念式典挙行(令和3年10月)

1968年(昭和43年)
9月
電動カート導入
1970年(昭和45年) コース外への飛球防止のため4番・5番を改造
1971年(昭和46年)
9月18日
創立50周年記念行事挙行(再開業20周年)
1974年(昭和49年)
3月
5番・10番に道路側危険防止用ネット設備設置 (その後11番・16番・17番・18番にも展開)
1977年(昭和52年)
10月16日
高松宮殿下ご来場
1981年(昭和56年)
9月19日
創立60周年記念行事挙行
1983年(昭和58年)
9月
安全対策として10番東側土地購入。 (その他倶楽部ハウス入口自動化・女子ロッカーの拡張等実施)
1989年(平成元年) スタートティーハウス改築
1990年(平成2年)
5月
駐車場整備(18番南側第二駐車場の新設・正面玄関ロータリー整備)
1992年~1993年
(平成4年~平成5年)
4番・5番・6番のコース改造(新5番はミドルホール化)
1995年(平成7年)
1月17日
(阪神淡路大震災) 平成7年3月31日まで臨時休業。倶楽部としてもコース・ハウスに被害発生
1999年(平成11年)
1月6日~
3月31日
倶楽部ハウスリニューアル工事(第3代倶楽部ハウス)。同時期にコース改造工事実施
1999年(平成11年)
5月1日
電磁誘導乗用カートを導入
1999年(平成11年)
6月29日
豪雨により15番17番の池堤防決壊などの大被害。3日間休業
2000年(平成12年)
9月1日
創立80周年記念行事挙行
2004年(平成16年)
8月11日
関西ゴルフ連盟インター倶楽部競技会開催
2005年(平成17年)
6月
会員制度改革実施
2006年(平成18年)
9月
グリーンベント化工事実施
2008年(平成20年)
3月31日
過去最高の年間(19年度)来場者数36153人記録(会員数過去最高1800人超)
2010年(平成22年)
6月
関西ゴルフ連盟主催ミッドシニア・グランドシニア競技会開催
2014年(平成26年)
4月
倶楽部内に経営改善プロジェクト発足。100周年に向けた改善検討開始
2015年(平成27年)
4月
会員制度を見直し100周年記念会員募集開始(~平成29年3月)
2015年(平成27年)
9月
乗用カートにGPS無線機導入
2015年(平成27年)
12月
練習場リニューアル
2016年(平成28年)
6月30日
関西ゴルフ連盟主催グランドシニア選手権開催
2017年(平成29年)
3月
ワンオンブリッジ大規模修理完了
2017年(平成29年)
6月13日
関西ゴルフ連盟主催女子シニア選手権開催(14日決勝ラウンド)
2018年(平成30年)
7月
倶楽部内に100周年記念事業実行委員会発足
2019年(令和元年)
7月1日
ジャンプアップイヤー記念会員募集開始(~令和3年3月)
2020年(令和2年)
3月27日
100周年記念設備事業(スタートハウス・玄関ロータリー前リニューアル工事)の竣工
2020年(令和2年)
4月8日
新型コロナウイルス感染非常事態宣言が発令され、倶楽部競技の中止、三密対策の徹底なとの感染防止諸対策を実施(~同年5月31日)
2020年(令和2年)
10月3日
開場100周年記念式典挙行